ご質問

Q:まずは、1回の講演依頼という形はできないのですか。

A:はい、講演も可能です。
1回の講演・研修は、「ハッ」と気づくカンフル剤として有効です。
コンサルティングは、人体に例えると、病気になりにくい体づくり「体質改善」ととらえて下さい。市場で選ばれ続けるためには、変化に対応し続けることが必須です。一過性のものではなく、永続的に繁栄し続ける組織創りに、現場に入るコンサルティングは効果があります。

 

Q:厳しく指導したら、パワハラと言われそうなのですが・・・

A:厳しさには、前提条件があります。「叱り方研修」でお伝えしている内容です。ご参考になれば幸いです。

【厳しさの5つの条件】

①    礼儀で接すること

②    私心がないこと

③    具体的であること

④    誰に対しても例外をつくらないこと

⑤    本質をつくこと

 

Q:なぜ、厳しさにこだわるのですか。

A:社長は実感があると思いますが、優しいだけで人が伸びるならば、苦労はありません。自社の底力を発掘するためには、従業員一人一人の才能、能力を本気で発揮させるために、本気で叱り励ますことです。人は能力発揮すると、自分の存在価値に気づき、居場所を見つけ、周囲から感謝されます。
すると、やりがいを実感し、自分に誇りをもちます。
また、一人一人が成果をあげると収益が上がります。収益があがれば、従業員とその家族の生活を守ります。会社を存続させることが、最低限の社会的責任です。
よって、厳しさは、結果的に社員を守ることなのです。お客様と責任をもってお付き合いすることなのです。顧客企業様には、厳しさの大切さに共感頂いています。

 

Q:実際のコンサルティングは、誰が担当するのですか。

A:河村晴美が行います。別のコンサルタントが行うものではございません。