【やる気を引き出すり方】90分講演資料

DSCN0457 (1)

講演演題:【やる気を引き出す叱り方~伸びる叱り方、折れる叱り方~】

実施先:一部上場企業

【叱る定義】叱るとは、使命感の愛

【こんな言葉で叱られたい】アンケート調査  (ハートプロ企画実施)の結果より

◆対象:大学3回生~社会人50歳まで

◆有効回答:217名を得ました。

結果の一部より、

・叱られても良い:約70%   ・叱られるのはイヤだ:30%未満

ただし、「こんな叱られ方は嫌だ!」 部下の、不満・不愉快、つまり拒絶しているり方があります。

ワースト①ダメ出し

ワースト②いもづる式

ワースト③上司の保身

ゆとり世代、若手社員の多くが、「ほめて伸びるタイプなのです」と言う場合が多いように思いますが、この言葉は真実を語っていません。本質をとらえないと見誤ります。

私たち人間が欲しているのは、褒められることではなりません。

私たち人間は、「貢献欲求」を備えています。

「貢献欲求」が満たされるときに得られる『感謝』のフィードバックが欲しいのです。

誰かの役に立ちたい。役に立った実感、手ごたえが感じられる、フィードバックが欲しいのです。

ですから、「ほめられたい」という若手社員を含む多くの人は、「ありがとう!」と言ってもらいたいのです。

よって、叱る目的は、部下があなた(上司)の目の前を離れたところで、多くの「ありがとう」を集める人財になるように、育て上げるのが、上司の役目なのです。(講演の一部 冒頭より)